松本市太鼓お囃子保存会の

 

主宰者が語る 和太鼓お囃子的日常のこと

国宝松本城太鼓まつり 所感


国宝松本城太鼓まつり


全体を通して感じたこと。

それは、イベントとして
よくまとまってきたって事。

プロデュースをする、
まつり工房の北原永社長。
設営のABCの皆様。
松本市観光温泉課職員の皆様。
実行委員の皆様。
それぞれが自分のやることを自覚し、
それを全力でやり切っていた。
正直、全国に誇れるイベントになったなぁ
と感じた。
本当に今後が楽しみである。



ステージ裏話

0


    国王松本城太鼓まつり


    控え室が隣になった高校生。
    円陣を組んで部長とおぼしき男性が、
    カツを入れる。
    こんな素晴らしい舞台で演奏ができて、
    この幸せを感じなければなりません。
    このステージを成功させるのが、
    全国大会への第一歩です。
    しっかり自覚してください。
    純粋だ。


    こういう時代もあったなあ。
    その純粋さに、私の目から零れるものが。。。

     

    交流会の後、
    日本古来の衣装を着た
    太鼓と踊りで出演するお父さんがいたので
    声をかけてみる。
    どういう踊りなんですか?
    400年前から続く踊りだそうです。
    素晴らしい衣装ですね。
    作ると高いんでしょう?
    いやこれはインターネットで買いました。
    えっ!
    もうそういう時代なんだよね。

     

    バラしちゃいけなかったかもしれない
    国宝松本城太鼓まつり裏話。



    アクロバット相撲

    0


      今年の松本城太鼓まつり。


      観覧していて気がついたことがある。

      それは、パフォーマンスと言うか

      アクションが大きい団体が多いと言うこと。

      国宝松本城太鼓まつり

       

      どの団体も太鼓を打つ合間に、
      体を大きく動かしている。
      松本城のような大きなステージでは、
      それが必要になると言う要素はあろう。
      しかし、正直これで良いかなと言う印象は拭えない。
      オーバーアクションは、

      これは最近の業界の潮流かもしれない。
       

      変な例かもしれないけど、
      大相撲の宇良関。
      彼は小さな体を生かし、
      アクロバット相撲と呼ばれる様な技で
      番付を上げている。
      小兵力士のため、
      他の力士と四つに組んでも勝ち目は無い。
      彼の生き残り戦術だ。
      松本市和太鼓鳴桜(なを)の様な
      弱小団体は、

      大きな太鼓団体とまともに組んでも勝ち目は無い。
      宇良関のような戦法を考えねば。
      日々そんなことを考える私なのです。

       



      誉め言葉

      0


        ステーヂから降りたメンバーは

         

        皆、不思議な顔してた。
        『誰かの知り合い?』
        『いや、外国人の知り合いなんかいないよ』
        『ぢゃ、誰か仕込んだ?』
        『そんな事する訳ないでしょっ』

        国宝松本城太鼓まつり2日目。

        和太鼓鳴桜(なを)の演奏が終わると、

        確かに、
        間違いなく
        空耳でもなく
        客席から、『ブラボー』という歓声が飛んだ。


        ブラボーって、イタリア語。
        素晴らしい!とか
        最高だよ!という誉め言葉。

        しかも、これ以上ない最上級の誉め言葉。
        この一言で、今までの苦労が報われた。
        頑張ってよかった。

         

        太鼓打ち殺すにゃ刃物はいらぬ

        ブラボーのひとこえあればいい


        自分を褒めよっと。

         

         



        国宝松本城太鼓まつり 第2日目。。 0

        0

           

          一寸の虫の

           

          五分の魂を発揮して、

           

          国宝松本城太鼓まつりが終了した。

           

          反省会は後日シッカリやるとして、

           

          美味しいお酒を楽しもう!!

           

          毎年お世話になっている、凡蔵 緑町 にて。

          和太鼓鳴桜(なを)反省会

           



          国宝松本城太鼓まつり 第一日目。。

          0

             

            降らないでくれ!!


            願いむなしく、
            今年の国宝松本城太鼓まつりの
            本番中から雨。

            雨の太鼓祭り
            でもお客さんは帰らない。
            どころか、
            ゲストの鬼太鼓座の時間が近づくと
            どんどん人が出てくる。
            不思議な光景だった。

            やっぱり、皆太鼓が好きなんだ。

            今日、いろいろな団体を見せてもらって
            色々感じる所はあった。
            それは2日間見終わってからね。

             



            全米デビュー

            0

               

              先日の


              和太鼓鳴桜(なを) 東京ツアー。
              首都、お江戸で一番感じたのは、外国人の多さ。
              夜の懇親会の2次会に連れて行かれた居酒屋。
              入店した途端、外国語が飛び交っている。
              『ここは外国ですか?』本当にそう感じた。
              …て事はどうでもいいんだけど。。。だ。

              抱え桶胴太鼓

               

              そのお店はかなり広いんだけど、
              なんとステージがある。
              そしてそこには和太鼓が数台据えてある。
              太鼓を持ってこなくても
              演奏できるようになっているのだ。
              (具体的に、鬼太鼓座を想定しているようだけど)

              さすがインバウンド消費をターゲットにするお店。
              日本らしさを前面に出して誘客する作戦の様だ。

              で、東京のアテンドをしてくれた元メンバーは言った。
              来週ここで太鼓叩くんですよ。
              えっ?。
              なんだ、自慢したくてここに連れて来たのか。
              客にハリウッド映画の監督がいて、

              和太鼓を見たら、
              即、全米デビューだろうね。
              誘われたら、全て投げ出して行くよ。
              てなことをツマミに、おいしいお酒を頂いた。
              西麻布の交差点角の
              何とかいうお店にて(ゴメン失念!!)。

               



              なから

              0

                 

                『なから』というコトバ。

                 

                信州弁なんだそうだ。

                おおむねって意味でよいと思う。

                『なから、こんなもんずら』。

                30日(日)17.30頃から出演させて頂く、

                国宝松本城太鼓まつり。

                衣装を着けての最終リハ終了。

                準備完了!!。

                最終リハーサル



                一寸の虫にも五分の魂

                0


                  国宝松本城太鼓まつりの


                  写真を整理していて

                  気が付いた事。

                  それは、毎年、
                  明るい時間に太鼓を打っているなって事。

                  国宝松本城太鼓まつりは、
                  17時30分から始まる。
                  まだ陽がある時間だ。
                  観客の出も、陽が落ちて涼しくなってから。

                  国宝松本城太鼓まつり
                  考えてみるに、
                  松本市内では下から一番の弱小団体。
                  太鼓もそんなに上手ではない。
                  こんな団体が、、、、だ。
                  『トリ』なんておこがましい。
                  でもね。
                  『一寸の虫にも五分の魂』。
                  小さいけど頑張ってる団体がある。
                  そんな印象を持って欲しい。
                  そんなつもりで練習中。

                  松本市和太鼓鳴桜(なを)の出番。
                  7月30日(日曜日)の2番目です。
                  おおむね、17時30分過ぎね。

                   



                  東京おとめ太鼓

                  0


                    今年の国宝松本城太鼓まつり。


                    出演する、
                    東京おとめ太鼓。

                     画像は、http://wadaiko-idol.jp/ からお借りしました。

                    東京おとめ太鼓
                    ナメてかかると、
                    どっこいなかなかちゃんとしている。
                    そんなウワサ。
                    色紙持ってって、
                    サインもらおっと。

                     



                    calendar
                      12345
                    6789101112
                    13141516171819
                    20212223242526
                    2728293031  
                    << August 2017 >>
                    selected entries
                    categories
                    archives
                    recent comment
                    links
                    profile
                    search this site.
                    others
                    mobile
                    qrcode
                    powered
                    無料ブログ作成サービス JUGEM
                    JUGEMのブログカスタマイズ講座