松本市太鼓お囃子保存会の

 

主宰者が語る 和太鼓お囃子的日常のこと

<< 今年の目標 | main | おろかなるひとり言。 >>

百条委員会

0

     

    部下にすべて任せてあった。

     

    だから知らない。


    確かに、ごもっとも。


    細かな事柄の1から10まで

     

    全て自分で作業することはできないから。

    松本市和太鼓鳴桜(なを)ヂャンプ


    だから、それは部下の仕事。

     

    自分がハンコを押すときは


    納得するまで最終確認をする。

     

    部下は、信頼しても信用はしない。


    それが、組織の長たるものの仕事だ。


    自手分がサラリーマン時代、

     

    上司の決済をもらうのに四苦八苦した覚えもある。

     

    丸投げしてあったから知らない。

     

    それは逃げ口上。

     

    そう指摘できない尋問者とは、

     

    率直に言って、役者が違う。

     

    そう感じた、東京都の百条委員会だった。

     

     



    コメント
    コメントする









    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座