松本市太鼓お囃子保存会の

 

主宰者が語る 和太鼓お囃子的日常のこと

<< 百条委員会 | main | ギャランティ 1/2 >>

おろかなるひとり言。

0


    ♪♪おかを登って下界を見ると


    ♪♪小さな世界がそこにある。


    ♪♪人はあくせくどこへ行く。

     

    吉田拓郎のこの歌大好きだなぁ。

    弾打


    悩み事がある時、


    高ボッチ高原まで車を走らせた。


    細い山道の途中、塩尻市内が見える場所がある。


    あの街のマッチ棒の先ほどもない


    小さな家に人々が暮らし


    毎日あくせく働いているんだろうなぁ。


    地球の大きさに比べると、


    なんか自分は馬鹿みたいに小さいなぁ。


    何をクヨクヨしてるんだ。


    そう思えて、おかしかった覚えがある。


    悩んだら、山に登って下界を眺めるといい。

     

    みみっちい世界がそこに見えるから。



    コメント
    コメントする









    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座