松本市太鼓お囃子保存会の

 

主宰者が語る 和太鼓お囃子的日常のこと

<< 特濃 ヲヤヂに囲まれて | main | 和太鼓の終わり方 >>

日本民謡大観

0

    柳田 國男は、

    中学校の教科書に出ていた記憶がある。
    特に、彼の『遠野物語』は高名で、
    文学者だと思い込んでいたら、
    柳田 國男は民俗学の開拓者だ言うブログを読んだ。

    民俗芸能とは、
    一般庶民の習慣・信仰に根ざして
    伝承されてきた芸能のことだ。

    ついでに言うと、
    芸能と書くのは完全な誤り。
    この日本には民族は存在しないから。
    あえて言えば、日本民族とはアイヌのことになる。

    で、彼の残した。日本民謡大観(全9刊)。


    全国を歩いて、民俗芸能を採集し、
    細かく解説した上に採録した10枚のCDが添付されている。
    現在は絶版。
    ネットオークションを覗くと
    新品で、定価の10倍程で出品されている。
    それでも欲しい人がいると言う事なんだろう。

    私も、とりあえず2冊手に入れてみた。

    秋の(いや。。もう冬か)夜長。
    読書と音楽鑑賞に励んでみるかな。

    次に生まれるときは、学芸員の勉強したいワタシ。 

     


    コメント
    コメントする









    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座