松本市太鼓お囃子保存会の

 

主宰者が語る 和太鼓お囃子的日常のこと

つくし


土筆(つくし)を採ってこい。


料理して食べたい。
母親にそう言われたのは、
何歳の頃だったかな。

結局、土筆料理は作って貰わないまま
旅に出てしまった母。

ふとそんなことを思い出し、
土筆を採って来た。

つくし


袴(はかま)を全部取るとのことだけど、
手間がかかり過ぎて、半日で断念。
これからあく抜きして、

明日料理してみる。
今はいない母を思い出して。

 



コーヒー

0

     

    中央道のサービスエリア。


    コーヒーを持ってうろうろしていたら、
    3人組の白髪の老婆に声をかけられた。
    よく聞くと英語だな。
    それはコーヒーですか?
    そこで察する。
    きっとコーヒーを飲みたいんだな。
    あっちにベンディングマシンがあるよ。
    教えてあげる。
    3人でお礼を言ってくれた。
    もしやと思って見ていると、
    自動販売機の前で困った様子。
    どのボタンを押せばいいんだろう?
    てところかな。

    カップコーヒー

     

    近くまで行って教えてあげた。
    こっちがアイスコーヒー。
    こっちがホットコーヒー。、
    このボタンはブラック。
    このボタンは+シュガー。
    このボタンは+クリーム。

    おおそういうことか
    みたいなことを言いながら
    ありがとうと言ってくれた。
    よくこんなお年寄り同士で
    言葉の通じない国に旅したもんだ。
    日本は安全ってことだと思う。
    にしてもよく。。。

     

    自分も、

    年齢を重ねても好奇心だけは持ち続けたい。

    そう感じた出来事だった。



    フキタリアン

    0

       

      ベリタリアンでもあり、


      ふきタリアンでもある私。
      この季節になると、
      無性に蕗の薹を食べたくなる。
      農村に育ち、
      早春には蕗の薹。
      初夏には桑の実。
      それを探し歩いた幼少体験から来るのだろうか?

      蕗の薹の味噌汁

      味噌汁に、
      細かく刻んだフキをちらす。
      そのほろ苦い香りに、
      あーもう死んでもいいやと思う。

       


       



      べリタリアン

      0

         

        自他共に認める『ベリタリアン』。

        スーパーでベリーと言う文字を見つけると、
        ストローだろうが、ブルーだろうが
        つい手を出してしまう。

        いちご
        先日スーパーで見つけたストロベリー。
        『つる付き』きと言うのが新しい。


        どんなもんだろうと思って買ってみた。
        確かにつるがあった方が食べやすい。
        ただし、このストロベリー自体は、
        未熟なものを収穫してほったらかしておいて、
        赤くなったものを出荷した。
        と言われても仕方ない固さ。
        こういうものはこういうもので

        使い道があるのだろう。
        イチゴジャムとか…。
        煮崩れないしね。
        でも、、、、でも。
        これは失敗作品だと思う。

        生食イチゴとしては。

         

         



        十四代 えっ?

        0


          月遅れで

           

          松本市和太鼓鳴桜(なを)の新年会を予定。
          メンバーのお父さん差し入れの、
          本場鹿児島の焼酎。
          昨年の国民文化祭で貰った
          奈良の清酒。
          それらを全て飲み干す予定
          加えて、
          サプライズプレゼントで、
          日本酒人気ナンバー1の
          『十四代』を手配(一升でウン万円もする)。
          加えて加えて、
          他にめずらすい日本酒も。。。。

          こう言う事だけは、。手回しいいんだよね。

          楽しみい〜。

          十四代



          幻のお菓子 チップスターショコラ

          0

             

            幻、入手難、限定、早い者勝ち。

             

            こんな言葉が大好きなワタクシ。

            現在、

            ネットで『幻のお菓子』と呼ばれているコレ。

            ポテチの片面にチョコが塗ってあるだけ

            なんだけど、

            チップスターの塩気と

            チョコレートの甘さがマッチしてて、

            絶妙の美味しさ。

            正直、癖になる。

            今まで、何でなかったんだろう。こういうお菓子。

            チップスターショコラ

             

            セブン限定発売。

            画像は、

            家族がアチコチ探し回ってやっと買ってきたもの。

            ネットで検索してみたら、

            定価の何倍もの凄い高値で売っている。

             

            今年の2/14に

            ホンの気持ちでと上げたら

            喜ばれるかも。

             

            別に、請求してる訳ではありませんよ!!

            ホント

            (^^♪

             

             

             

             

             



            春が来た

            0

               

              春告魚と書いて『ニシン』。

               

              北海道産鮮ニシン。

              旬を味わう。やっぱいいわぁ。

              スーパーで見かけると、

              すかさず買い物カゴに入れちゃうんだよね。

              日本人に生まれてよかったぁ〜。

              にしん

               



              ニラ団子

              0

                 

                世の中に、

                 

                こんなに美味しい食べ物があるとは

                つゆぞ知らなんだ。

                近所のデパート『i-City』で開かれた

                横浜中華街展。

                鱈腹試食して、厳選したニラ団子。

                いい物を探し当てたぞ。

                 

                緊急募集!!

                 横浜中華街食い倒れツアー

                ニラ団子



                好奇心を持つ!!

                0

                   

                  おめでたい松茸くん達。

                   

                   

                  末きのこ

                   

                  勿論モノホンではなく、

                  『まつきのこ』という名前。

                  全く、あの香りはしない。

                  食感はエリンギを柔らかくした感じかな。
                  視覚だけで楽しむキノコのようだ。

                   

                  今年も好奇心旺盛に!。
                  そんな1年にしよっと。

                   



                  フカヒレ茸

                  0

                     

                    初体験。 えっ?

                     

                    キノコの刺身。

                    本来、天然物は当地では採れないキノコだと言う。

                    それを湯がいて、わさび醤油で頂く。

                     

                    このキノコ

                    最近、南信地方で栽培され始めたとの事。

                    そのうちに、県内にも出回るだろうとの説明だ。

                    それが、道の駅に並んでいたので

                    買ってきて、

                    珍しいからって、お裾分けして頂いた。

                    だから、多分これは栽培ものね。

                    ムキタケの刺身

                     

                    マツタケの刺身はゲップをするくらい

                    食べているけどね(ウソですよ)。

                     

                    これは、、

                    例えるなら、フカヒレみたいな味か?

                     →ンなもん食べたことはないけど。

                    なめらかで、日本酒の肴向き。

                    残りは、すき焼きにして頂いた。

                    汁をシッカリ吸わせりゃ、もう絶品。

                    ゲテモノ嫌いの家族も、美味しいって喜んで食べてた。

                     

                    あっ、ムキタケってキノコだよっ。

                     

                    また、おいしいものを覚えちゃったぁ。

                    (^^♪

                     

                    ※後日記

                    実食したんだけど、

                    舌触りの滑らかさは、経験がないほど。

                    日本酒は冷もいいけど、熱燗が合いそうだ。

                     

                     



                    calendar
                      12345
                    6789101112
                    13141516171819
                    20212223242526
                    2728293031  
                    << May 2018 >>
                    selected entries
                    categories
                    archives
                    recent comment
                    links
                    profile
                    search this site.
                    others
                    mobile
                    qrcode
                    powered
                    無料ブログ作成サービス JUGEM
                    JUGEMのブログカスタマイズ講座