松本市太鼓お囃子保存会の

 

主宰者が語る 和太鼓お囃子的日常のこと

阿闍梨(あじゃり)

 


先日のお客様から頂いた、


京都土産の『阿闍梨餅(あじゃりもち)。

阿闍梨餅

 

京都の人間にとっては、


八ツ橋以上に普通の人気土産なんだそうだ。


あまりにも人気過ぎて、


材料が間に合わず、売り切れが多いと言う。


1個単位でも買えるのだけど、


運がよければ『焼きたて』が食べられるんだそうだ。

 

これは超美味。


さすがに、これだけは持っては来れないので、


京都に行ったら是非と、


本店の場所を教えてくれた。


阿闍梨餅1個を食べに


新幹線代をかけて京都まで行って来たよ。


これだけは、京都に行かなきゃ食べられないからね。


オ〜ホホホホ。(^m^♪


なんてお大臣な気分なんでしょう。

 



山のごちそう

0

     

    GWのお客様。

     

    こごみのお浸し、タラの芽のお浸し、

     

    それらの天ぷら。

     

    山ウドの酢味噌和え。

     

    それに、、、、だ。

     

    コシアブラもあるよ。

     

    山のごちそうでオモテナシ。

     

    田舎の贅沢ってもんだ!!

    山菜のおごちそう

     



    天然もののタラの芽

    0

       

      最近、山菜の競争率が高くなった。

       

      誰も彼も採るからね。

       

      でもね。。。。まだ結構採れる。

       

      気を抜いてると、すぐタラの葉になっちゃうけどね。

       

      それは抜いといて撮影。

       

      今夜は、タラの芽の天ぷらで

       

      一杯ってもんかな。

      タラの芽



      グリーンキャビア その2

      0

         

        グリーンキャビアの三色丼。

         

        わっはっは。

         

        素人盛り付けなので、そこは大目に見てね。

        グリーンキャビア三色丼

         



        グリーンキャビア

        0

           

          グリーンキャビアとは

           

          よく言ったもんだ。


          一般的には、海ブドウ。

           

          つまり、海藻の仲間なんだよね。

          グリーンキャビア

           

          まるで本物のキャビアのようなプチプチ触感が気に入って、

           

          沖縄旅行のお土産に、


          大量に持って帰ったけど、


          真っ黒くなっていて全く食べられなかった。


          だから、現地に行かなければ食べられないと思っていた。

           

          が、アイシティの沖縄物産展で買ってきた。

           

          今夜は、こいつで三色丼の予定。

           

          プチ琉球気分。

           



          うなぎ水門

          0

             

            時間が開いたので外食。

             

            岡谷市の『うなぎ水門』へ。

             

            開店30分前に到着。

             

            でも、もうウェイティング客が並んでいる。

             

            『ウナギは客を見てから捌く』の売り文句の通り、

             

            20分は待たされたけど、全然OK。

             

            とにかく肉厚で、甘口のタレも美味。

            水門のウナギ

             

             

            普段食べてるスーパーのウナギは

             

            『何だったんだろう』と感じるほど。

             

            それ相応の金額はとられるけど、

             

            味を考えれば全然惜しくない。

             

            食べ終えて帰る時見たら

             

            店内から続き、道まではみ出す行列。

             

            開店より前に行って並ぶこと。

             

            ウナギが出てくるまでの待ち時間は、

             

            肝かカブトの塩焼きを注文して待つこと。

             

            それがノウハウかな?

             

            もう、一年はウナギは見たくなくなる程満足する名店。

             

             

             

             

             



            すいとん

            0

               

               

              気が向いて『すいとん』を作ってみた。

               

              私は、子供のころ、すいとんが大嫌いだった。

              すいとん

               


              戦後の食料不足の時代、


              お米が無くて、こんなもんばっかり食べていた。

               

              だから、お前の1/4は『すいとん』でできている。←えっ?

               

              なんて昔話を聞かされながら、


              贅沢を言ってちゃいけない。


              さあ食え。


              と、無理に食べさせられたトラウマだろうなぁ。

               

              それ以来何十年も口にしてなかった。


              でも、なんとなく食べてみたくなったのは、


              やっぱ、年齢のせいか?


              一定の年齢になると


              親のしていたことをしたくなる。

               

              人間ってのは

               

              よくできているんだねぇ。

                 

               



              メインディッシュは

              0

                 

                松本市和太鼓鳴桜(なを)の新年会。

                 

                 

                新年会

                 

                たこ焼き、お好み焼き等の副菜はさておき、

                 

                本日のメインディッシュ。

                 

                なんと産地直送。

                 

                たくさんの牡蠣

                 

                 

                それがこうなり、

                 

                蒸し牡蠣

                 
                この牡蠣、手のひらより大きくないかい??
                 

                牡蠣

                 

                で、、、だ。

                 

                宴会は翌早朝(えっ?)まで続くのであった。

                 
                とても、松本市の和太鼓グループとは思えないわ。
                 
                単なるノンベの集まりかも。。。
                  

                飲み物

                 

                 

                  

                 



                海のミルク

                0


                  陸前高田市から


                  お土産に持ち帰った牡蠣のご相伴にあずかった。


                  『今まで食べてた牡蠣はしじみですか』と言う位、

                   

                  ビックサイズ。


                  何よりも本当にミルクの味がした。


                  海のミルクってのはよく言ったもんだ。


                  この牡蠣をもう一度食べたくて、


                  ネット通販で取り寄せてみた。


                  しかし、保育園サイズ。


                  もしかしたら、産地で差があるのかなぁと考えて、


                  北海道や岩手、広島など様々トライしてみたが

                   

                  どこも似たり寄ったり。

                   

                  どうやら牡蠣には複数の流通ルートがあり、

                   

                  食べ応えのある特Aランクは、

                   

                  商売用(料亭や寿司屋向け)のルートに


                  流してしまう模様。


                  で、、、余った牡蠣を通販ルートで、と言う様子。


                  ここから本題。

                  牡蠣

                   

                   

                  苦労して、


                  商売ルートに流れる牡蠣を入手できる先を探したぞ。


                  これが初めての仕入れ。


                  比較用のペットボトルと比べてね。


                  これが本当の牡蠣の味。


                  今シーズン、後何回仕入れられるわからないけど、

                   

                  今度仕入れたら牡蠣パーティーやるからね。

                   

                  オホホホホ。

                   

                  ささやかな松本市和太鼓鳴桜(なを)の贅沢。

                   

                    

                   



                  ささやかだけど

                  0

                     

                    JR長野駅中のかけそば(310円)。

                     

                    豪勢に、かき揚げと玉子をトッピングしてみる。

                     

                    ささやかな贅沢を感じるとき。

                     

                    貧乏で良かったなぁ。ホント。

                     

                    こんなことでシアワセ感一杯になるなんて。

                    贅沢ソバ


                    calendar
                     123456
                    78910111213
                    14151617181920
                    21222324252627
                    28293031   
                    << May 2017 >>
                    selected entries
                    categories
                    archives
                    recent comment
                    links
                    profile
                    search this site.
                    others
                    mobile
                    qrcode
                    powered
                    無料ブログ作成サービス JUGEM
                    JUGEMのブログカスタマイズ講座