松本市太鼓お囃子保存会の

 

主宰者が語る 和太鼓お囃子的日常のこと

いくら好きでも。。。ねぇ。

 

松本市和太鼓鳴桜(なを)の

 

有志メンバー。

 

昨晩は、松本市内で飲み会。

 

篠笛を持ってったヤツがいて、

 

座卓を叩いて、即興の演奏会。

 

店の人、迷惑ぢゃなかったかなぁ??

松本市和太鼓鳴桜(なを) 発表会

 

で、、、、、だ、

 

今週末は、午前中に市内某所で演奏の予定。

 

その後、我が家で昼食兼焼き肉ってことになってる。

 

あのさぁ、毎週飲んでない??

 

いくら好きな人達でもねぇ。。( ˘ω˘ )

 

 



雪渓 もとい 設計

0

     

    昔取った杵柄で。

     

    図面を書いてみた。

     

    何に使うか分かったら、100万円。

     

    差し上げません。

     

    和太鼓がらみだよ〜ん。

    頭



    新ネタ仕込み中

    0

       

      新ネタ仕込み中。

       

      こういうお囃子。

       

      和太鼓鳴桜(なを)のメンバー、大好きなんだよね。

       

       

      でも、演奏してみるとなかなかノレない。

       

      ( ノД`)

      新ネタ仕込み中

       



      当たって砕けてみるか。。

      0

         

        新しいお仕事を頂いた。

         

        小学生の和太鼓授業。

         

        その打ち合わせに、学校へ行ってきた。

         

        市内でも『マンモス』の部類に入るだろうか?

         

        とにかく大人数の授業。

         

        当たって砕けるしかないか。 えっ? (^^♪

        小学校へ



        世にも不思議なる。。。えっ?

        0

           

          あまり外部出演しない

           

          和太鼓鳴桜(なを)。

           

          ところが、、、だ。

           

          珍しく出演依頼が。しかも土曜日に。

           

          オハコの3曲でロックオンの予定。

           

          んて、、、練習中。

          お囃子

           



          最初の一歩 舞響太鼓〜雅〜

          0

             

            薄暗い公民館の一室。


            赤々と燃える製油ストーブ。


            その横に乳飲み子を寝かせて


            一心に太鼓を打つ20代の母親。

             

            彼女が立ち上げたのが


            長野市の舞響太鼓〜雅〜だ。

            雅のチラシ

             


            2004年の事だから、


            13年前の話。


            他生のご縁でかかわらせていただいた私。


            あの時の光景が鮮明に浮かんでくる。

             

            彼らのコンサートの情報を頂いた。


            大きくなった彼らを見に行って来ようと思う。

             

             

             

             



            プライベートレッスン

            0

               

              石の上にも三年。

               

              ようやく仕事が順調に回りだした。

               

              なんて投稿をしたと思ったら、

               

              今度は、、、、だ。

               

              プライベートレッスンなんて

               

              お仕事を頂戴した。

              お囃子

               

              子供さんが小さくて、外出もままならないお母さん。

               

              それでも太鼓を叩きたいとコンタクトして来てくれた。

               

               

              自分が20代のころの姿と重なった。

               

              ○○村の△□さん。それだけをキーワードに

               

              分厚い電話帳片手に持ち、

               

              片っ端から電話をかけまくった。

               

              それで、太鼓の師匠を探し当てたのが、

               

              現在の太鼓人生が始まりだった。

               

              出来るだけの力になってあげたいと思ふ。

               

               

               

               

               

               

               

               



              前座太鼓

              0

                 

                お手伝いしている、

                 

                長野翔和学園の和太鼓部。

                 

                信州プロレスの試合前を盛り上げる

                 

                『お抱え前座太鼓』になっている。

                 

                練習場所にレングサイドをお借りしているご縁かな。

                 

                信州プロレスの前座太鼓

                 

                6月には中野市で試合。

                 

                メンバーはプロレスつながりのマスクを被り、

                 

                グレート無茶さんもチョビッと、

                 

                演奏に参加なんだそうだ。

                 

                見に行ってこよっと。

                 

                 



                女心と秋の空

                0

                   

                  女心と秋の空。

                   

                  変わりやすい秋の天気の如く、

                   

                  女の気持ちは分かりにくいもんだ。

                   

                  田楽座ライブ@松本ピカデリーvol.2を、

                   

                  メンバー8名で見てきた。

                  田楽座ライブ


                  それまで静かに鑑賞していたメンバーが

                   

                  ラスト一曲(ぶち合わせ太鼓)で涙を流し、

                   

                  アンコールの水口囃が始まると、

                   

                  大きな掛け声をかけて、今にも踊りだしそうになっていた。

                   

                  帰りのエントランスでは本当に踊ってたみたいだ。

                   

                  体内の何かが爆発した模様。

                   

                  お茶して帰るときは

                   

                  口々に気分爽快ってニッコリ。

                  鳴桜(なを)お茶風景

                   

                  このまま飲んで帰りたいと言ったメンバーもいた。

                   

                  をいをいだよ。まったく!!

                   

                  ど〜も女心の変わり易さは理解不能だ。

                   

                   

                   



                  結局ね。。。

                  0

                     

                    道を歩いていたら、


                    某太鼓団体の代表とバッタリ。情報交換。


                    もう私たちはダメです。

                     

                    メンバーの人数はいるんですけど

                     

                    練習に集まりません。などと仰る。

                     

                    下の画像は、松本市和太鼓鳴桜(なを)ね。

                    練習風景

                     

                    練習に集まらない理由は、


                    太鼓を第一優先にしてないから。


                    ぢゃあ何故第一優先にできないのか?


                    自分ひとり行かなくっても練習はできるだろ。

                     

                    そう考えてしまう。

                     

                    ぢゃあ何故、行かなくてもいいと思うか?

                     

                    それは、目標が明確でないから。

                     

                    結局目標を明確にして、

                     

                    それに向けて、

                     

                    練習の質を高めるしかないんぢゃないかな。

                     

                    てな話をして別れた。

                     

                    この悩み。言わば太鼓あるある。

                     

                    多くの団体が抱えていたりするんだろうね。

                     

                     

                     

                     



                    calendar
                     123456
                    78910111213
                    14151617181920
                    21222324252627
                    28293031   
                    << May 2017 >>
                    selected entries
                    categories
                    archives
                    recent comment
                    links
                    profile
                    search this site.
                    others
                    mobile
                    qrcode
                    powered
                    無料ブログ作成サービス JUGEM
                    JUGEMのブログカスタマイズ講座