松本市太鼓お囃子保存会の

 

主宰者が語る 和太鼓お囃子的日常のこと

ナメられてる?


和太鼓を貸してくれ。

 

人を介して、といふ依頼が届いた。
近々、当地の楽団とセッションがある。

本番は自分の太鼓を使う。
でも練習時はどこかの太鼓を借りたい。
そんな話だ。
依頼主は、超老舗のプロの和太鼓団体を名乗る女性。

和太鼓鳴桜(なを)


率直に感じたこと。
随分ナメた話だよなぁ。
オタクの太鼓は、
本番には使えない。

練習ぐらいなら使えんことはないでしょう。
そう言っているのと同じに聞こえる。

 

で、この女性。
馴染みがないなぁと思いつつ、
その団体のHPを探したんだけど、
名前がないんだよね。

毎度お馴染みの、『研修生崩れ』か?

そんな事、どうでもいいか。
ご所望のサイズの和太鼓
所有してないから、お断りするしかないから。

 

 



古典落語

0

     

    人生初荒馬座。


    山の子保育園の40周年記念のイベント。

    保育園の祖父母参観を、

    部外者としてのぞかせて頂いたイメーヂ。
    演目は、園児用に構成されているのか、

    おなじみのものが多く、
    『古典落語』を楽しませて貰った気分だった。

    荒馬座

    一つだけ残念な事。
    荒馬踊り。
    現地での踊りには
    荒馬の手綱を持つ女性が、
    馬の周囲を蝶のように舞う場面がある。
    荒馬座はそれを知っているはず。
    でも、残念ながら省略されていた。
    何か理由はあるのだろうけど、

    一番魅力的な踊りだけに勿体なかった。


    機会があったら、もう一度本演目を見たいな
    と思った。

     



    今どき

    0


      決して、決して、出会い系サイト


      ではありませんよ!。
      と、本人は言う。
      本人ってのは、鳴桜(なを)メンバーぢゃあないよ。

      スマホ

       

      知人がスマホのマッチングアプリで、
      相方をGETしたようだ。
      今時だね〜。
      身長も入力するんでしょ?と、聞いてみる。
      はい、今どきは170Cmがマストですという。
      ぢゃ君は?
      と尋ねたら、
      勿論、170Cmです。だと。

      ちっと、サバ読んでない?
      まあ、本人同士が良ければ
      それで良しとするか?

       

       

       



      人生初体験

      0

         

        明日は、人生初『荒馬座』。


        正確には、
        青森県今別の、

        ホンモノの荒馬で踊ってるの、
        現地で見かけたことがあるんだけどね。
        ((´∀`*))

         

        画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、テキスト



        リーダーの思い

        0


          いくつも和太鼓団体を見てきた。

           

          両手両足10回総動員でも足りない位。
          そこで感じること。
          それは、
          リーダーシップ。
          リーダーの思い一つで、
          その団体の育ち方が変わる。

          hibiki

           

          久々に、
          和太鼓響の練習にお邪魔した。
          響メンバーは約二倍に増えた。
          そんな話を聞いていた。
          松本市内でも
          三本の指に入る大団体だろう。
          この日は、欠席が多かったが
          それでも画面外にも大勢。
          リーダーの思いだなって思った。


           



          囲い込み

          0

             

            先日の国民文化祭。

             

            出店販売していた某商店が、

            全団体に挨拶しながら、
            記念品を配って回ってた。
            イメーヂアップ作戦だろうなと思った。
            所で先日、
            浅野太鼓から、
            こんな品物が届いた。
            私なんかDVDを買っただけなのに、
            それでも客扱いしてくれるなんて、言いようがない。
            各お店で、
            客の囲い込みが始まっているんだろうか?
            浅野太鼓
            今の日本、
            厳しくない業種ってないだろうけど、
            和太鼓業界も厳しそうだなぁ。

             

             



            ご心配無用 えっ?

            0

               

              師走の宴 鬼も一緒に 大笑い 

               

              まずは乾杯。美味しい肴で一献。

              まるで、セレブみたい。

              忘年会の一次会

               

              お店を変えて、また乾杯。

              のむぞ〜。

              忘年会の二次会

               

              さて、この次は、、、?

               



              大太坊 飯田公演

              0

                 


                大太坊の飯田公演を見てきた。


                私は、この団体の前の前の世代の、
                『むげん隗』が打つ、和太鼓に衝撃を受け、
                今の人生を歩むことになってしまった。
                あれさえ見なければ、
                平々凡々な人生だったのにね。

                大太坊飯田公園


                今回の大太坊を見て、
                むげん隗を見て感じた時の衝撃、
                それと同じものを感じた。

                 

                首に縄をつけてでも、
                メンバーを連れて行けばよかった。

                これを見て、

                何かを感じて貰えばよかった。
                『何か』?
                それは言うまい。
                個人で感じるべき事だから。

                勿体ないことをした。

                 

                 


                 



                死語2

                0


                  『文部省唱歌』は、死語か?

                   

                  先日の波田中央保育園での演奏。
                  篠笛を聞いて頂くのに何の曲がいい考えた。
                  季節感があって、園児でも知っている曲。

                   

                  ♪垣根の垣根の曲がり角
                    焚き火だ焚き火だ落ち葉焚き。

                   

                  この曲を練習して、本番に臨んだ。

                  波田中央保育園

                   

                  しかし、、、だ。
                  半分位の園児しか歌わない。

                  まぁね…。
                  焚き火なんかした日には、
                  即、市役所に通報されるのがオチだ。
                  後で園長先生が、
                  あの曲歌ってないんです。
                  と、フォローしてくれた。
                  それでも半分の園児が知っているのは、
                  お母さんのお力だろう。
                  この日本も捨てたもんじゃないね。
                  そんなことを考えた事件だった。

                   

                   



                  病室 えっ?

                  0

                     

                    冬場の練習にメトロノームを

                     

                    取り入れようと言うことになった。
                    締太鼓が、
                    スマホから出る音を聞いて合わせる。
                    他のメンバーは締太鼓を聴いてリズムを合わせる。

                    これが、思うより難しい。

                    普段は、あまり締め太鼓を聞いていないのかも。

                     

                    練習場にピッ ピッ ピッ と響く

                    メトロノームの音。

                    漂う、独特の緊張感。


                    そうしたら1人のメンバー。
                    病室みたいじゃない?

                    と、言い出した。

                    すると、他のメンバも
                    そうそう病室病室。と言う。
                    全く意味がわからなかった私。

                    説明を聞いて納得。

                    そういえば脈を打つたびに

                    ピッ と鳴ってるモニターが、

                    病室にあったなぁ。

                     

                    あのねぇ、

                    練習時は、一心不乱に太鼓を叩くの。

                    余計な事は考えない!!

                    ベッドサイドモニター

                     


                    でもねぇ。
                    メトロノームから病室か?
                    チートばっか発想を飛ばしすぎじゃね?

                    この発想力を和太鼓の曲に!!

                     

                     



                    calendar
                         12
                    3456789
                    10111213141516
                    17181920212223
                    24252627282930
                    31      
                    << December 2017 >>
                    selected entries
                    categories
                    archives
                    recent comment
                    links
                    profile
                    search this site.
                    others
                    mobile
                    qrcode
                    powered
                    無料ブログ作成サービス JUGEM
                    JUGEMのブログカスタマイズ講座