松本市太鼓お囃子保存会の

 

主宰者が語る 和太鼓お囃子的日常のこと

やまと郡山城ホール

 

国民文化祭・なら2017

 

に出演してきた。
その会場、
やまと郡山城ホール。

やまと郡山城ホール

 

1100人も収容するのに、

感動するほどに、音響効果がいい。
和太鼓専用設計かと思えるほど。
太鼓の音がビンビン響く。
篠笛の音が会場後ろまで飛んでくる。
叩いてて気持ちが良かった。
流石は、全国大会に使う会場だなぁ。
よしっ!!

もう一度出るか 

 

 えっ?



やり切ったぞ!国民文化祭

0

     

    国民文化祭・なら2017

     

    出演後、舞台袖にて。

     

    たまたま居合わせた『せんと君』を囲んで。

     

    みんないい顔してるわぁ。

     

    やり切った感満載だね。

    国民文化祭 出演後

     

     



    押すなよ!!

    0

       

      先週の三連休に

       

      三重まで遊びに行く知り合いがいた。

      『土産なんていらないよ』

      『伊勢エビなんか決して買ってこないでね』

      『これ、熱湯風呂の”押すなよ”だからね』

      なんて冗談を言ってたら、

      本当に買ってきてくれた。。。

      言葉ってのは怖いなぁ。

      伊勢海老



      0

         

        美しい。

         

        これをもって、『機能美』と言うのだろう。

        パトカー



        今年の秋の山

        0

           

          今年の秋は、、、、

           

          不作なんだそうだ。

          『マツタケ』が。
          (山によって違うと言ふ人もいるけど)。
          今井の、道の駅恵みの里でも、
          キノココーナーに並ぶのは
          虚無僧茸(別名ショウゲンジ)ばっかり。
          虚無僧
          虚無僧茸が生える環境は、マツタケに似ている。
          というか、、、だ。
          虚無僧茸はマツタケ山に生えると言ってもいい。
          だから、虚無僧茸が店頭に並ぶというのは、
          マツタケ山まで
          マツタケを採りに入ったけど
          採れなかった証拠。
          仕方なく、単価の安い虚無僧を採ってきたわけだ。
          お店の商品棚から
          秋の山の様子が見える。


          やるべきことは、、、

          0

             

            第32回国民文化祭・なら2017

             

            (奈良県大和郡山市)
            出場前、最後の練習。
            やることはやった。
            他県の太鼓の胸を借りるつもりで
            当たって砕けてこよう!!

            松本市和太鼓鳴桜(なを)の手

             



            その瞬間

            0

               

              もう秋なんだなと感じた瞬間。

               

              今井道の駅『恵みの里』にて。

              今井 道の駅にて



              小学生の合同演奏

              0

                 

                5月からお手伝いを続けてきた

                 

                松本市内の小学校、10校の

                和太鼓合同演奏のリハーサル。

                誰に見てもらっても恥ずかしくない出来。

                よくここまで持ってこれたなぁ。

                担任の先生方に感謝感謝。

                当日晴れますように!!

                合同演奏



                小さくても応援はできる!!

                0

                   

                  小さな応援団。

                   

                  画像右下。

                   

                  10月7日 トラックの日フェスティバルにて。

                   

                  トラックの日

                   



                  男はどうして女を求めるのか??

                  0

                     

                    女子高生をコンパニオン

                     

                    として派遣した男が逮捕された。

                    そんなニュースが流れた。
                    派遣する方も派遣する方だとは思う。


                    けど、、、、、ね。
                    酒席と言うと、
                    目の色を変えて
                    女女と騒ぎ立てる
                    男たちは何の非はないのか?。


                    そして、、、、、だ。
                    やってきたコンパニオンがハズレだと言って、
                    怒っているオヤヂも見たことがある。
                    もう、故人だけど。
                    別に聖人君主ぶるつもりはない。
                    けど、、、
                    どっちもどっちって気がしなくもない。

                     



                    calendar
                    1234567
                    891011121314
                    15161718192021
                    22232425262728
                    293031    
                    << October 2017 >>
                    selected entries
                    categories
                    archives
                    recent comment
                    links
                    profile
                    search this site.
                    others
                    mobile
                    qrcode
                    powered
                    無料ブログ作成サービス JUGEM
                    JUGEMのブログカスタマイズ講座